パパ&ママ必見!育児をもっと楽しむ株主優待生活

株初心者の方へ。2級ファイナンシャルプランナーの1児のパパが教える育児に適した株主優待!

*

【株初心者の方へ】株を買う前に読んで欲しいこと

これまでに私が経験した、株の売買に関してのことです。
初めて株取引をされる方向けに心がけて欲しいことをまとめました。

株を始める前の予備知識

余裕資金で株を買いましょう

子育てをされている場合は、お子さんの教育資金を貯めるという重要なミッションがあります。株主優待が欲しいと思って、貯金を疎かにしたら本末転倒です。
株は「余裕資金」でやりましょう。「余裕資金」というのは、仮にゼロになってしまっても諦めがつくくらいの金額です。人によってまちまちだと思いますが。

すべては「自己責任」の世界です

ネット情報、財テク雑誌の記事などなど巷には「儲かる株!」というネタがごろごろしています。
しかし、結局は買って損をしても誰にも文句は言えません。
「自己責任」で売買をしましょう。

【鉄則】損をしない

「損切り」というコトバがあります。
株は儲かることもあれば、値段が下がって損失を出すこともあります。
損失が出た場合にズルズルと持ち続けていると、どんどん傷口が広がります。

株主優待を受けるために、損失が出ても持ち続けては本末転倒です。
ヤバイ…と思ったら勇気をもって損切りをした方が良いです。

実は、私もなかなか損切りできずに持ち続けて、結構な損を出している銘柄があります。(笑)

「株」は世間のことを勉強するチャンス

株を買ってみると結構その会社に愛着がわきます。私の場合、これまで何気なく見ていたトミカがタカラトミー株を買った途端に「もっとこんな車種はないのか?」「もしかしたらヒットするかも」などと考えるようになりました。トミカが売れて儲かってくれれば、株主である私のところに利益が入りますからね。

他にも株を買うメリットとしては、経済に敏感になれる点です。
これは一度買ってみて経験をされると良いかと思います。

「株」の本を数冊読みましょう

株を始めるにあたっては、株の基礎的なことが書いてある体験談的な本を数冊読むと勉強になります。

まとめ:最も効率の良い「株」の勉強は「株を買ってみること」

papamama_matome本を数冊読んだ後は、実際に「株」を買ってみるのが良いと思います。
百聞は一見に如かず。まずは体験をしてみましょう。
1万円程度で始められるETF(上場投資信託)などがありますので、お小遣いで少し売買の練習をしてみましょう。

公開日:
最終更新日:2015/02/06

【まだ証券会社の口座を持っていない方へ】

papamama_matome 株を売買する証券会社の口座をまだ持っていない方は、「SBI証券」が良いと思います。

はじめての株を買う場合でも電話、メールなどでサポートも親切にしてくれます。分からない用語や買い方など私も初心者時代によく教えていただきました

無料で口座が開設できますので、あらかじめ作っておいて、欲しい銘柄が出てきた時にすぐ買えるようにしておきましょう。\(^o^)/

いざ開設をしようと思っても時間がかかるので、チャンスを逃してしまうかも。

別の証券会社で既に持っている場合も夜間取引(PTS)ができる「SBI証券」の口座は重宝しますよ。